島根県松江の味「あご野焼」それもジャンボ!

ジャンボなあご野焼き

こんにちは。まめ親父です。

島根県の特産物「あご野焼」をご存じですか?
今日はその「あご野焼」をご紹介します。

スポンサーリンク

「あご」とは?

「あご」は山陰では飛魚(トビウオ)のことを言います。

「あごが落ちるほどうまい」というところから、「あご」という名前が普及しました。
うまみ成分が豊富に含まれていることから、山陰・中国地方ではラーメンのスープに使うほどです。

醤油仕込みの「あご」ラーメンもとてもおいしいです。

あご野焼とは?

その「あご」をふんだんに使った「ちくわ状のもの」が「あご野焼」です。
板わかめと並ぶ島根のソウルフードのひとつです。

松江の味・長岡屋茂助の逸品

IMG_4640

IMG_4642

今回紹介するのは、あごを主成分にして、地酒で丹念に練り上げた長岡屋茂助の「ジャンボあご野焼」です。

6月から8月の腹にたくさん卵をもった旬のあごを原料として、つなぎに澱粉を使わない逸品です。

歯ごたえも良く噛みしめるほどにあごのうま味が口いっぱいに広がる絶品です。

ちくわのようですけど4〜5倍の大きさ

ジャンボなあご野焼き

ジャンボなあご野焼きを切り分けました

22cmのイッタラ タイカプレートにのせたところですので、かなり大きいのが分かっていただけると思います。
しかも、ちくわと違って肉厚です。

普通のちくわはとても小さく見えます

普通のちくわは小さいですね。

あご半べん、あごす巻も絶品

IMG_4662

「あご半べん」は山芋を加えてふんわり仕上げてあります。
味は少し、淡泊ですが、プリプリ弾力があってとてもおいしかったです。

「あごす巻」(下の写真)はあごのすり身の周りにストローを巻き付けて蒸し焼きにしたものです。

IMG_4723どちらも、わさび醤油があいます。

山陰の新鮮な素材から生まれた「あご野焼」をぜひご堪能してみてください。

© そら家


そら家のおすすめ

長岡屋茂助 あご野焼セットA

by 楽天市場

販売元は違いますがアマゾンでも買えます。
【創業百年を越える老舗の蒲鉾店『もちだ』より】 山陰名産あご野焼(2本セット)

by Amazon

スポンサーリンク

シェアする

フォローする