懐かしい味。岡山県矢掛町・土井農園の最上干柿

私は田舎育ちで、お正月の前には必ず干し柿を家族総出で作っていました。

冬の干し柿は家庭に欠かせないものでした。

子供ながらに、渋い柿がどうして甘くなるか、不思議に思ったものです。

今では、田舎から巣立ち、干し柿を作ることもなくなりましたし、食べることも減ってしまいました。

自分で作ることはなくなりましたが、あの懐かしい味に出会うことが出来ました。

スポンサーリンク

岡山県矢掛町・土井農園の最上干柿

こんな綺麗なパッケージに入った干し柿を、昔は想像できませんでした。

田舎の農家では軒先に下がっていた干し柿は、今ではこのような形で手に入れることが出来るようになりました。

スーパーに行くと、不自然に粉がかかった干し柿を見かけることがあります。
あれは片栗粉だったりしてガッカリしますね。

しかし、 土井農園の最上干柿は、自然な感じで粉をふいているのが分かります。

味わってみると、子供の頃食べた干し柿そのものの味でした。

本当に懐かしい味は郷愁の味でした。

© そら家


そら家のおすすめ

土井農園
ちょっと心のこもった干柿あります
〒714-1227 岡山県小田郡矢掛町小田2992
TEL 0866-83-0626

スポンサーリンク

シェアする

フォローする